不用品買取・粗大ごみ回収で失敗しない業者が見つかる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

引越し時の不用品や粗大ごみを回収してくれるどこかない?普段の生活でまったく必要のない祖父からもらった骨董品の壺、捨てるのはなんかもったいない気がするけど高値が付くのなら誰かに譲りたい。

不用品の匠は不用品を回収してくれる業者ともしかしたら価値があるかもしれない不用品を買取してくれる業者を徹底的に分析したサイトです。目的に応じて損しない不用品とのお別れをコンセプトに情報を発信していきます。着物などの買い取り業者も掲載していますが、まずは総合的におすすめしたい不用品買取業者と回収業者を紹介していきます。

引越し等の不用品処分で一番損しない方法

不用品は売ることと、売れないモノは有料か無料で回収してもらうのが理想的。だから、まずは不用品買取業者をお家に呼んで、その後売れない不用品を優良業者に引き取ってもらうという流れが王道です。私のおすすめ買取業者と回収業者を紹介します。

  • 最短30分で買取出張
  • 買取実績多数
  • その場で即現金買取

買取査定員の質が高い!早い!高額買取!の3拍子揃った今注目の不用品買取業者

高額買取事例一部
着物:91,000円で買取ブランドバック:520,000円で買取時計:372,000円で買取など
買取してくれるモノ
着物/切手/古銭/毛皮/金/プラチナ/ブランド服/お酒/ブランド品/宝石/時計/骨董品/金券/など
買取できないモノ
家具や家電
対応地域:
全国対応

特に引越しの特にまず一番最初に呼ぶべき業者が買取プレミアム。 不用品をお金を払って、もしくは無料で回収してもらう前に頼む会社です。価値あるものがあるかどうかは意外とわからない。プロの査定員が値段をその場でつけて即金で 支払いをしてくれる。従業員数が全国200人を超える巨大買取業者なので、電話をして最短30分で駆けつけてくれるのも魅力。まずはここにお任せしてみるのがコストを抑えるというよりも、プラスになる可能性があるので吉でしょう。

  • 当日予約可能
  • 引越しに人気
  • ゴミ屋敷の清掃可能
  • 家具・家電の対応も可能

定額制のトラック積み放題形式で安心明朗会計、低コストが大人気!

回収料金
SSパック:12,000円~軽トラパック:25,000円~平トラックパック:40,000円~2tトラックパック:85,000円~
パックに含まれる内容
搬出作業費/階段料金(2F迄)/2名までの作業スタッフ/出張費/エアコン取り外し/梱包作業
対応地域:
東京/埼玉/千葉/神奈川

どう考えても売れないであろう家具や古い家電だと、買取業者は引き取りすら拒否する可能性もあります。買取業者を呼んで、いらない家具を引き取ってもらおうとしたことがあるのですが、逆に2万円払ったらもっていってあげると言われた経験あります。

どう考えても高いので、エコピットのようなトラックの積量でパック形式にしているところのほうが料金的にお得なケースが多いです。引越し時はもちろんのことゴミ屋敷や遺品整理など色んな用途に対応してくれるので急ぎの時や忙しくてかたずけられない方などにもおすすめ。

不用品買取と不用品回収(粗大ごみ回収)の根本的な違いとは?

不用品買取と不用品回収の違いご存知ですか?似たようなサービスですが買取といっている会社はそのまま家庭にある不用品を買取りそれをリユースという形で修理などを行い同じ業者内で運営しているリサイクルショップやネット通販などで販売を行うのが主目的です。こんなゴミみたいなものが売れるのか?と思う物に対しお金を払ってまで買い取ってくれるのにはバックにリサイクルショップがある場合や海外の買い取り先がある場合がほとんどです。

よく、ゴミが宝の山だなんて話を聞きますが、リユース事業はそこまで利益率は良くありません。店舗販売等を行っていると土地代などもかかりますからね。買取してもらう額が低くぼったくられているのでは?と思うかもしれませんが買取してくれるだけでも意外とありがたいですよ。

もしも適正価格じゃないと思うのならご自身でネットオークション等で売るのが一番でしょう。リユース事業はある程度大きな規模感で行わないと利益が出ないので実績のある全国対応などの業者が好ましいです。仕入れを常に行って置かないと自社のリサイクルショップなどに揃えておく在庫が無くなってしまうから、買取も小さな業者よりも羽振りが良いと思うのですよ。

と、買取を基本にしているのが不用品買取業者です。

不用品買取はこんな時におすすめ

  • お引越し時の買い替え不用品処分
  • 倉庫や納戸などに眠っている捨てるに捨てられないモノを持っている方
  • 遺品整理
  • ブランドバックや着物など世の中的に価値があると言われている不用品を持っている

一方の不用品回収業者は別名、粗大ごみ回収業者ともいわれています。回収業者の中にもリユース事業も行っている会社はいますが、基本がゴミを回収すると言う概念です。ですから、価値のある家具だったとしてもサイズや重たさなどで基本的には粗大ごみという扱いになります。

不用品回収会社のほうが、回収するゴミに対して、引き取り拒否をすることがありません。基本的にゴミを有料で回収する事を専業としていますので。ですから使い分けが大事と言う事ですね。もちろん、不用品回収でも買取もしてくれるところ、買取だけど回収もしてくれる場合もありますが、専門のほうが話も早いですし損しないので使い分けたほうが良いと思っています。

引越し時の時は住所の変更に伴い手続きがたくさんあるので面倒だと思いますが特に使い分けたほうが良いと思います。

不用品回収・粗大ごみ回収はこんな時におすすめ

  • お引越し時の不用品処分
  • 留学生で帰国時の不用品処分
  • ゴミ屋敷と化してしまった家のお掃除
  • オフィス移転で家具等を一式変えたい時の旧事務所の片づけ

完全無料の街中不用品会社は悪徳業者の可能性が高いので注意が必要

違法ではないけれど、無料で回収するといっておきながら、なにかと理由をつけて料金がかかると言ってくる業者。不用品回収業者は利用頻度が低いものだから業者のいい値に騙されてはいけません。

参考:違法な不用品回収業者を利用しないでください(世田谷区)

全てではありませんが、トラックで街の中を走り、不用品を無料回収しますとアナウンスする業者は違法業者が多いようです。違法とは市区町村の許可をとらずに回収をする業者です。不用品回収業を営むためには一般廃棄物処理業という許可が必要です。

でも、なぜこのような業者は無料で不用品を回収するのでしょうか?実は無料で回収せず有料で不用品を回収し、その後どうするか。そう、感の良い方ならおきづきかもしれませんが、不法投棄をしてしまうのです。または適切な処理を施さず海外へ売りさばくなど国や自治体が懸念していることを平気でやります。つまり、鼻から無料で不用品を回収するつもりが無いということです。

犯罪に手を貸すだけでなく、本来無料で引き取ってもらえるものかもしれない不要物を有料で支払ってしまう訳ですから利用しない様に注意が必要です。防御策としては領収書をもらっておく、携帯電話だけしか載っていない業者には注意するなどがありますが、信頼できる不用品業者に頼むことが一番の方法かと思います。

また、不法投棄されてしまった場合どうなるかも想像してみると、個人情報が入ったものが捨てられてしまう訳ですから後からあなたに何かしらの連絡が入り責任を問われることにもなるかもしれません。

引越し時の不用品を処分する前に買取業者を呼んでみる勇気

引越しの時に私は貯金に余裕がある場合に限りますが家具を買い変えるタイプの人間です。ですから基本的に物は捨てるか人にあげるか買取業者に買い取ってもらうかを選択します。

似た考えの方や一部買い変えようと思っている方は、是非、不用品買取業者をまず呼ぶ勇気を持つといいと思います。

まず、なぜ先に回収ではなく買取業者なのかと言うと、答えは簡単で不用品回収業者にさきにお願いしてしまうと、価値のある高値で売れるかもしれないものまでも無料、もしくは有料でお金を払って回収されてしまう可能性があるためです。

買取業者は色んなタイプの業者がいます。価値が無いと思っていた者が高値で売れることもありますし、回収費用に5千円とられてしまうものを10円で買ってくれたら回収費用払わず済むしラッキーじゃないですか。だから先に買取業者を呼ぶ必要がある訳ですね。

とはいっても、不用品買取屋さんも得意不得意があるのは事実です。ブランド専門とか洋服だけしか買い取りませんと言っているところ。幅広くなんでも買取ますというところなど。おすすめとしては“買取プレミアム”のようにマニアックなものを買い取ってくれるところが良いと思います。ここは買取の幅も広い上に、色んな物に対応しているので。

買取プレミアムのようなところというより買取プレミアムがおすすめですといういい方が正しいかもです。ここは全国対応していて、買い取った後の販売網がしっかりしているので今ぐいぐい伸びているリユース業者です。伸びている会社はどの業界もがんがん買ってくれるので成熟した予算書けないところより個人的に好きです。

家具に関しては買ったメーカーが格安回収サービスを実施している場合があるので比較検討すると良いでしょう。高級家具ブランドだと買い手が簡単に見つかりますから不用品買取の価格体とオークションなどで比較してもよいかもしれません。

家具に関してはブランドで人気があるものでないと値段があまりつかないというのが現状かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加