ベッド処分やマットレス廃棄の方法と料金

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベットは粗大ごみになります。ベットは粗大ごみシールを住んでいる区役所、市役所からもらい指定の場所にシールを貼って置いておくという流れで処分はできます。ただ、解体しても、外への持ち運びが大変なのがこのベットですね。重労働。

一応シールを貼って粗大ごみとして出す場合の料金は、世田谷区を例にあげると、シングル・セミダブルで1,000円(500円)、パイプベット1,000円(500円)、ダブル1,800円(900円)、という料金になっています。括弧内は持ち込みをした場合の処分費用です。

車を持っている方であれば持ち込みを行えば断然お得ではあります。懸念点としては、作業する人が1人ではつらいので2人くらいでベットを解体し、車に詰め込み、詰め込めればまだよいのですが、詰め込んだ後も注意しながら運転をするという感じでしょうか。

何度か分けて往復するというのが現実的なきがします。 個人的には、ベットは大きいので料金は高くないけれども労力が他の粗大ごみよりもかかると思っています。

マットレスの処分 廃棄もベットと同じくらいの料金がかかる

マットレスも粗大ごみ扱いです。

ベットマットシングル1,000円(500円) 、ベットマットダブル1,000円(500円)

ベット本体もマットレスも粗大ごみ扱いにされます。マットに関しては粗大ごみとして扱われたくないのであれば、切り刻む。。30センチメートル以下に切り刻めば粗大ゴミにはならないとかよくいわれてますけど、実際は粗大ごみ扱いになるようです。

扱いにならなくてもかなりの重労働ですからやらないほうがよいですけどね。。 何時間かかるのでしょうか。丸半日以上はかかるのでは。時給1500円で換算したら処分屋さんなどに出したほうが圧倒的にコスト面考えたらよいですね。

不用品回収会社にベットやマットレスを回収してもらう場合の料金

もう一つの方法としては、やはり不用品回収業者の活用です。市区町村の粗大ごみ処理は面倒で時間的コストが発生しますが、不用品回収業者はそれがなくなるというのがメリットでしょう。業者によりベットの解体費用など細かく料金をとるところや一式すべての作業を○○円でという業者等料金体系はバラバラですが、相場的にはシングルベット、マットの回収で5,000円ずつくらいです。

ベット単体だけで考えるとちょっと高い?ですかね。労力的な面を考えると不用品回収会社がすべてやってくれるのでこっちのほうが断然よいと考える人もいます。これに関しては好みの問題でもありますが、私はケースによって使い分けしますね。

当サイトでおすすめしている“エコピット”であればトラック単位での料金設定をしているパック形式の不用品回収があるので、ベット、マットレス、その他粗大ごみがある場合は断然こっちの方が良いと思います。

ニトリでベットを買えば古いベットの処分は回収の面倒を見てくれる場合も

大手家具メーカーのニトリなどで、ベットを買い替えた場合等は、古い今まで使っていたベットを回収してくれたりします。金額はニトリの場合は3,000円でやってくれるようです。

やはり、自治体にシールをもらい指定日に指定場所にゴミを配置しておくのが一番安くはなってしまいますが、3,000円は安いと思います。手間なしですからね。

ベットを購入するときになにも情報がなく3,000円と聞くと高く感じてしまうかもしれませんが、前情報として、ベット処分の方法を調べておくと判断がしやすいと思います。

ウォーターベッドは自分で処分するのがよい?

本格的なウォーターベットの場合、マットレスの部分とベットの本体骨組みがあるのでやはりこれも粗大ごみ扱いになりますね。自治体の料金は冒頭で紹介したとおりです。

ウォーターベットで一番手間がかかるのが水抜きです。手慣れた不用品回収業者の作業員の方でも2名で2~3時間はかかってきます。自分でもできないことはないので要検討というところでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加