ブランド品買取おすすめの方法は?出張買取と宅配で人気サイトを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランドを高く売るためには「ブランドの買取サイト」を比較する事が今のところ一番の方法だと私は考えています。他の方法は地域込コミュニティサイトや全国のオークションサイトなどで高値を競わせる方法も良いと思います。

できる限りの手を使い一番の高値で買い取ってくれる人を探すのがまあ一番でしょう。基本的に労力をかければかけただけ今はブランド品を高く買ってくれる人は見つかる時代です。他の買取市場も熱いですがブランド品は各世代に必ずブランドマニアがいますので欲しいと思う絶対数が多いんですよね。つまり需要が多く、そして、値段も手の届くモノであるということがこの市場の面白いところだと思います。

ブランド品が中古で新品よりも少しでも安くほしいという需要があるので、ブランド品買取業者はものすごい数の業者がいます。

そんなたくさんの業者の査定価格をたくさん比較はしたいけど、時間と交通費とかがとられてしまうので、物理的に何社も比較するのは難しいですよね。

そこで、おすすめしたいのがブランド品のネット査定です。常識を覆したのがネットからお申込みをし、査定をしてもらうためにブランド品を郵送し、査定員が価格を査定し、売るかどうかを決められる。という仕組みです。すごいのが送料、手数料を無料で査定してくれるという業者ばかり。キャンセル料ももちろん無料の業者もいます。これは需要が多い市場の特徴ですね。お店側が競争し手数料とかが無料になると言うのは。

あとブランド買取の為に訪問してくれるところもあります。これなら、売るために比較する手数料がかからず少し時間はかかってしまいますが納得する価格を出すお店を見つけることが出来ますよね。

ブランド高価買取を目指すために利用したい買取サイト達

※全部郵送でブランド品を送って送料、返却料、キャンセル料が無料の業者です。

【ネットオフ】ブランド品買取

ネットオフは本やDVDが印象として強いですが、ブランド品にも力を入れていて、ブランド品を総合的に買取しています。査定方法はネット上から買取申込をすると郵送でブランド品を送る為の宅配キットが送られてきます。その中にブランドバッグ、服、ジュエリーなど売りたいものを入れて送るだけ。1点からでもOKです。郵送して届いてから最短2日でネットオフの査定員さんによる査定~入金まで完了します。

送料などの手数料はもちろん無料。入金手数料もネットオフが負担します。また金額に納得いかない場合はキャンセルもできるので気軽に査定依頼が出来ます。

ブランド買取の買取プレミアム

日本全国に支店を構えている買取業者です。ブランド買取の実績も豊富ですが、ここは高値の付くブランド以外の着物や宝石など幅広い買取に対する器があるので、ブランド買取専門業者との査定額を比較する1社としておすすめです。

対応としては、訪問買取もおこなってくれるのですが、全国に支店がある為、お問い合わせから到着までが早いのもメリットです。相場感を実施に査定して調べ最後に売る時に訪問してもらうなどありです。

ブランディア買取査定

6,000ブランド以上の買取ができるブランド宅配買取の専門サービス。 最短3日で入金までが完了します。利用者数が150万人を突破したブランド専門買取では使っときたい人気サイトです。

ブランド品買取の相場は東京や京都、大阪などの地域で変わることは無い?

ブランド品の買取業者は日本全国の主要都市にいけば必ずお店は1つや2つ見つかると思います。大手のブランド買取業者さんは全国に支店をもっていたり、販売網を多くもっていることがあります。東京の店舗で買取した場合そのまま東京の店舗で販売する店もあるでしょうし、一度、修正等を行う場所に集め、全国に足りない品を店頭で販売するなどのやり方もおそらくあるのではないかと思います。(後者私の妄想)

店舗の総母数でいうと東京がやはり圧倒的にブランド買取に限らず多いです。だから極論をいえば全部のお店に買取の見積もり依頼をだせばそりゃ東京のお店が高くなる可能性はあるでしょう。しかし、大阪や京都のお店と極端な差が付くのかといえばそんなことはない。が結論でよいと思います。

なんだか意味ないこと書いている気もしないでもないのですが地域で相場は変わるの?という質問をされたので書いています。

地域で相場が変わるのは不動産くらいですね。ブランド品はそう考えると価値の相場にそこまでブレが少ないのでその点よいですね。

相場としては、どこのブランドの財布なのか、バッグなのか、人気のカラ―なのかなどを見られることのほうが注目点でしょう。汚れ、傷などもみられます。汚れに関しては見積もり依頼を出す前にできるだけ綺麗に掃除する事で印象も上がると思うのでお掃除しておいてください。あと、ブランド品の相場を調べてもこの状態によって変わってきてしまうのと、その時の需要(人気度)で変わっては来るので結局はいくつかのブランド品買取業者に見積もりを依頼するのが相場を知る手っ取り早い方法ではあります。新品だったら話は別ですけどね。

ブランド品出張買取とネット査定は両方の活用がおすすめ

ブランド品の買取はどこに売るかは人柄でも対応でもなんでもなく高値がつくかどうかが最重要ポイントです。相場がわからない状態で1社だけの査定で決めてはいけません。

良心的な自分のところの査定価格に自信があるブランド品買取業者は他社でも査定してねということを言っていたりします。やはり、業者が多いだけに値段のブレが出てしまうからでしょう。この現象はブランドに限らず多くの買い取り業に言えることで最低でも2社は査定依頼を出すのは常識になっています。上記で紹介してきたとおり、いろんなタイプのの買取業者がいますが、せっかくですので、出張買取とネットで郵送し査定をしてもらう買取店の両方の活用が良いと思います。

その中で気をつけてほしいのは、今しかない訴求をしてくる業者は気をつけましょう。相手も商売ですから、この価格範囲であればすぐにでも買取りたいという希望は持っていますが、相場観、他の業者の査定をしらないままに今すぐ!は損する可能性が高いのです。

そして、前述した相場のくだりで話してきたとおり、ブランド品は状態により価格が異なるため打った後に実は損していたかがわからないのが本当に適正価格だったのかと後で調べることもできないのがやっかいです。

その状態のブランド品、財布とか、アクセサリーは1つしかないわけですからね。

だから、まずは2社を目標に査定を依頼しましょう。価格差がある程度でたら、着地の納得いく金額を設定してください。その金額までいったら売るとか、2社目でもよかったから3社目が2社目よりも低かったら売る等着地を決めておくことは大切です。

また、おすすめとしては、出張買取の人とのほうが、面と向かって話が出来るので、最後に呼ぶのがおすすめです。交渉材料を揃えた後に、いきなり他社の値段は言わず、向こうの提示してきた額に対し、B社は●●円だったから、それならB社で売ろうかなという駆け引きは大事です。もちろん出張買取の方がそれは出せない価格だといったらそれまでですが、出張している時点で工数(人件費)もかかっているので、本音は買取したいわけです。

だから、その後にそれなら・・・●●円に気持ち1千円つけてなら・・・という譲歩をしてくる可能性もあるのと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加