電子レンジの処分の方法と費用目安をまとめました

このエントリーをはてなブックマークに追加

電子レンジの処分も家電リサイクル法の適応のように思われがちですが実は適応外の自治体もいます。普通に自治体の粗大ごみとしても出せる場合と出せない場合があるということです。各自治体の粗大ごみについてはHPなどで調べましょう。

電子レンジといえば家電の中でも必需品で相当数の世帯に普及している家電製品といえます。昔は単なる温めの機能しかなかったのに、今ではオーブンや特殊な調理機能のついた電子レンジが高値で人気になっていますね。ですから中古で販売するのであれば最新式の特殊な機能がついたものであれば売れますが、レンジ機能だけのものはゴミ同然と考えたほうが良いでしょう。

不用品買取業者に依頼!駄目なら回収業者に電子レンジも処分してもらう

型が古い電子レンジだと価値は限りなくない可能性は高いですがジャンク品を扱うリサイクルショップなどがほしがっている可能性もあるので不用品買取・粗大ごみ回収で失敗しない業者が見つかる!でいっている不用品買取業者に依頼してみましょう。駄目もとできいてみる。これ意外と大事です。

買取価値ゼロ円と判断された場合、回収業者にお金を払って処分してもらうのも一つの手です。買取・回収業者は家電を拒否する可能性もありますから事前に問い合わせフォームなどから連絡をいれて、交渉をしたほうがスムーズに進みます。

また、これは私の個人的な予想を含みますが、3月4月の新生活に合わせて冷蔵庫、電子レンジ等々は需要があります。地方からでてきた学生さんなどが一人暮らしを東京や地方都市の名古屋、札幌、博多等で新生活を始めるからです。新品の家電を揃える学生さんもいるでしょうが、中古品でもよいから電子レンジがほしいという方もいるでしょう。そういった方の為に買取業者が揃える可能性もあると考えています。

その需要があると言う事は、他ページでもいっているのですが、メルカリやオークションサイトなどでもらい手を探すのも処分費用がかからない良い手だと感がています。

不用品回収業者に依頼した場合は、その地域の自治体がリサイクル法として扱っている電化製品の場合~5000円(支払い)くらい、そうでない場合は0円~数千円の買い取り(もらえる)、もしくは数千円の支払いでのゴミとして回収、引き取りになるかと思います。状態次第ですね。

オークションやメルカリ等で電子レンジを売る、もしくは無料であげる

時期的に3月4月であればメルカリやジモティーといった地域特化型のモノを取引するコミュニティサイトで電子レンジを引き取ってくれる人を探すのはアリだと思います。確実に見つかるかどうかはわかりませんが、やる価値はあるでしょう。

4月であれば、電化製品がほしいという学生さんなどが見つかりやすいと思います。私も学生の頃予算を抑える為にリサイクルショップなどに足を運び家電をみたりして購入経験があります。昔はメルカリ等便利なアプリはなかったのですが、今私が学生なら確実に使うだろうなあと。仕事場で接点が合った学生さんにそれを話したら、まだわからないけどアプリ等でほしいものを探すことはしたことがあるという意見ももらうことができたので、手間はかかりますが、手間、時間を不用品回収業者などと比較すると面倒かもしれませんが一つの方法としてはアリだと思います。

※取りあえず無料で処理したい場合であればこの方法あり。

ヤマダ電機など大手小売店で新品の電子レンジを買うついでに古いのを処分してもらう

買い替えの場合はこの方法が一番良い気がします。すべての家電量販店で対応しているわけではないので、購入時に必ず確認してほしいのですが、ヤマダ電機などの大手さんだと新しい電子レンジを購入し郵送で送ってくれたり、古い電子レンジをついでに処分してくれたりしますよね。

無料の場合もありますし、有料でも格安でおこなってくれるところが多い印象です。

今インターネット上での取引が家電も多くなってきてはいますが、家電量販店さんのこういったサービスはやはり良いですよね。電気屋さんは私好きですごくいくのですが、、1万とか差が合っても電気屋さんで買うのが好きです。細かい仕様とかどういうメリットがあるのかって電気屋で販売している偉い人にきくとまるわかりですからね。

コスト面考えると新しく電子レンジ買うならこれが一番いい方法かなと。

自治体で処分する場合、家電リサイクル法の対象になっていない場合であれば、~1000円くらいが電子レンジの引き取り価格になってくると思います。

価格面と手続きのしやすさを考えて電子レンジの処分の仕方を決めてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加