家電リサイクル法とは?古い家電は処分に料金がかかる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

不用品回収業者をお家に読んだら「古いテレビ」「ブラウン管テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」などはどうしても回収費用が別途かかってしまう?

超新型の4Kテレビとかは当然需要があるので売れますが、買い手がいない家電を処分する場合はやはり無料での引き取りは難しいです。なぜかご存知ですか?

理由は法律で定められた家電リサイクル法というルールがあるからです。

家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法とは、家庭からでる家電製品の約半分はそのまま埋立地にて処理されていました。埋立地で処理するということの限界と、家電には資源となる、鉄、アルミ、ガラスなどが含まれていることから家電をリサイクルすることが必至となり平成13年4月から施行された法律です。

参考:http://www.env.go.jp/recycle/kaden/gaiyo.html

家庭用エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の4品目は、簡単にいえば廃棄するときに収集運搬料金とリサイクル料金を支払わなければいけません。

だから、不用品回収業者がテレビなどを回収し、それを破棄する場合は不用品回収業者がその料金を負担しなければいけなくなるということです。通常のテレビとしての価値があるのであれば問題ありませんが、単純にテレビなども破棄しといてねというのは法律の兼ね合い的に不可能なわけです。

だから、テレビや家電の場合は不用品回収業者も別途料金を請求するわけです。たまにテレビを回収するのに別途料金がとられたということで、その業者のことを詐欺だ!と勘違いしてしまう方もいるのですが、詐欺ではないです。

但し、最初から無料で引き取りますと街を車で走る業者は詐欺の可能性があります。これについては不用品回収業者とのトラブルや違法業者の営業電話や不法投棄で書いていますので興味があったらどうぞ。

家電リサイクル法で定められた支払う料金はいくら?違反したら罰則もあります

家電リサイクル法でかかってくる料金はどのくらいなのでしょうか。以下画像は参考の料金です。

回収業者も処分をする場合は、上記の参考ページのとおり費用がかかりますから当然お金はとられますよと。リユース販売などをする場合はテレビ等その家電に価値があると判断されれば無料、もしくは、有料で買い取ってくれる可能性はあるでしょう。

具体的にどのような手続きをして家電を廃棄すればよいかというと、「家電リサイクル受付センター」に申し込むか「小売店」に引き取ってもらうのどちらかになります。

ちょっとわかりずらいですよね。実際どうなんだろう。不用品回収会社に頼んでいる人が意外と多そうですよね。家電はそう頻繁に買い変えるものでもありませんし。

一番良いのはテレビ等を新しく購入した時に家電屋さんに古い家電は引き取ってくれるのか?と聞いて、引き取りますという業者から新しい家電を買うのがよいと私は思っています。実は業者にも義務があり、回収したテレビなどから定められた資源をリサイクルしなければいけないとかがあるのです。結構メンドクサイですよね。。。

でも。面倒だからといって不法投棄とかは絶対にやってはいけません。 良心の面からみても不法投棄とか最悪ですけど、法律で罰則もあって「5年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金、又は併科に処する」ってのがありますので。

家電とか便利な物を使わせてもらっているので当然と言えば当然ですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加