粗大ごみで出せないパソコンの処分・廃棄の方法をまとめました

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンも自治体での回収を行っていない家電製品の一つで、一般ごみも粗大ゴミでもごみとして出すことはできません。

パソコンは資源有効利用促進法という方の下にリサイクルをしましょうとされている家電製品でもあります。パソコンの内部にはプラスチック、ガラス、鉄、アルミ、金などなど多くの資源が含まれている為、通常の粗大ごみとして燃やしてしまうのは資源を無駄にしているのと同意。基本的にはパソコンメーカーに回収してもらうのですが、回収料金は私たちの負担になってしまいます。

※PCリサイクルマークが付いているパソコンに関しては料金の負担はありません。

推進協会があるのでこの方法で回収してもらう場合は以下URLからご確認ください。

一般社団法人パソコン3R推進協会:http://www.pc3r.jp/home/index.html

その他の処分方法としては不用品回収業者に頼むのが手っ取り早い方法です。まだ価値のあるパソコンであれば買取してもらえたり、無料で回収をしてもらえますが、パソコンは年々CPUなどがあがっていくものなので価値は年々減少していきます。パソコンに得意でない人もスマホなどがすぐ機種自体に価値が無くなるのを知っていると思いますがパソコン市場の価値の減少は本当に早いです。ですから、基本的には処分料金を取る業者のほうが多いと考えたほうが良いでしょう。PCリサイクルマークがついていない古い価値のないものに関しては有料で業者に回収してもらう事を検討しても良いかもしれません。

パソコンは処分するまえに初期化しておくこと!

安全な不用品回収業者やパソコンの処分屋さんに頼めば、自分でデータを消さなくても、業者が初期化してくれます。99%以上の確率でデータを悪用する業者は存在しないでしょう。

しかし家庭、会社で使われているパソコンの中には貴重なパスワードなどがなにげなく入っているモノですよね。大手といってもTHE上場企業で顧客情報を守るというような業者が少ないのが不用品の処分屋さんですよね。←偏見かな?いや偏見関係なく、そういったデータがもしも悪用されてしまったらという最悪の事態を考えておくことが大事だよと。

だから、回収や処分をしてもらうためにデータの初期化は自分で行っておくことが大切です。後々初期化せず、ああ、あそこに入れていたデータ悪用されたら怖いと不安になってからだと、すべてのパスワードを変更しないといけなくなったりしますからね。

パソコンの処分を無料でやってくれる業者について

PCメーカーではなくパソコンの処分を無料で行ってくれる業者も中にはいますが、大半がパソコンの状態に制限を設けています。かなり古いブラウン管のパソコンやパーツがバラバラになっているものなどは処分できない対象にしているところが多いです。

無料で回収する業者の目的はパソコン自体を再利用するためが目的ですのでやはり、捨てるに捨てられず放置しておいただいぶ昔のOSも古い、CPUの性能が低いPCは今使い物にならないので回収対象にはならない場合が多いです。不用品回収業者を呼んで有料で処分してもらうのが良いかと思います。

一応、業者の努力では、動かない故障したパソコンでも中身の部品をリサイクルしてうまく利益につなげようとするケースもあるようですが、リユースという方向性のほうが利益率は高いでしょう。やはり分解するのにもそれなりの知識をもっていないと分解できませんからね。ただ、古いパソコンの場合はレアメタルなどの貴重な金属が含まれている場合もあるので無料で回収してくれるからと言って怪しい業者という断定はしなくても大丈夫です。

但し、中にはほかのページでも少尉買いした通り有償で回収し不法投棄等をする悪質な業者も存在するのでなるべく実績が合って会社としてきちんと運営している会社を選ぶのが鉄則です。

このエントリーをはてなブックマークに追加