不用品回収業者とのトラブルや違法業者の営業電話や不法投棄

このエントリーをはてなブックマークに追加

不用品回収業者の中には違法の業者も存在します。違法とは、一般廃棄物収集運搬許可がない不用品回収業者は違法の業者のことをいいます。不用品として回収した家庭用のゴミは、適切な形で処理をするか、リユース事業を行っている会社がリサイクルショップなどで修繕等をし販売などが行われます。環境にも問題ないのでみんなそういう事業をしていればよいのですが、悪質な業者はどういったことを行うのでしょうか。

加害者にならない為にも不用品回収の実態を知っておきましょう。

不用品回収業者があなたの回収したものを不法投棄した場合どうなる?

やっかいなのが、違法な不用品回収業者が、あなたの不用品を回収してしまうこと。あなた自身まったく故意ではないのに、なぜか後日警察から不法投棄の連絡について電話があるという事例は結構あるようです。故意でなければ罪には問われないようですが、実際のところどうなるかはわからないですよね。

参考:https://www.bengo4.com/c_1009/c_19/b_162997/

違法な業者の手口は、無料でどんなものでも回収しますという切り口で街中をトラックで走っている様な業者と各自治体も注意喚起しています。無料なら・・・と思いいざ見積もりをしてみると、この型番やこの粗大ゴミだと無料では回収できませんね。でも、無料って言っていたので通常2万ですけど1万なら回収していきますよといった手口。 基本的にゴミ同然のものを無料で回収する事はまずあり得ません。また、家電製品などは家電リサイクル法とは?古い家電は処分に料金がかかる?でいっているとおり、家電自体に価値が無い場合は無料で引き取る会社はまずいません。相場は5千円くらいです。家電を相場よりもあきらかに安い業者と言うのも怪しい特徴の一つかもしれません。違法業者はそもそも不法投棄をすればよいと悪いことを考えている為。

ただ、リサイクルショップで普通にテレビ等を買取してくれる業者もいるのは事実です。

根本的に怪しい業者を使わないのが得策ですが、見分けがつかないのも事実です。ですから、業者さんに回収した粗大ごみの行き先をきちんと確認する事も見分けをつける方法の一つです。証拠をもらっておくことが大事ですので、作業の領収書をもらうのと、不用品をきちんとしたルートで廃棄するのであれば廃棄証明証というのをもらうこともできます。

ゴミの不法投棄の罰金は最大1,000万円

ゴミ袋に家庭用ごみを入れて知らない土地に不法投棄し罰金30万。バーベキューのゴミをそのまま捨ててた場合5万円以下の罰金をとるなど定めている地域もあります。粗大ごみに対しての意識が低いので市区町村も色々と対策はしているようですね。 毎年、夏シーズンでNEWSに取り上げられる川崎市の多摩川の河川敷のバーべキュー場。昔はあのあたり料金取られていなかったのですが、最近はBBQするのにお金を徴収するようになりましたね。あれは良い取り組みだと思います。

昔は無法地帯で粗大ゴミが当たり前の様に捨てられていて、川崎市がそのゴミを処理するわけですが、数百万円の費用がかかっていたそうです。不法投棄をして罰金をとられるというのは意識を持ってほしいという表れなのかもしれません。

初歩的な不用品回収業者とのトラブル

ここからは、違法ではないけれど、ありがちなトラブルについてです。違法ではないんだけど料金体系が複雑な業者や口が軽い業者さんは基本的にさけたほうが無難かと思います。

というのもトラブルになる事は9割が料金だからです。申込をして、タンスとベットと机とある程度の捨てるものを話してざっくりそのくらいなら1万で良いですよ。と口約束でいざ回収日当日になり作業員が来たら倍の金額がかかってしまったとか。無料キャンセルができず、キャンセル料金を支払うくらいなら頼んだほうがましとかね。心理的に一度業者に足を運んでもらうと悪いからという状況にも追い込まれますし。

まず第一に必須条件なのは一度見積もりは家にきてもらい、料金に納得できなかった場合はもちろん申込は不要ですという業者を選ぶこと。粗大ごみを解体する料金や家の中で作業が必要になった場合は、料金がかかるのかかからないのかなどをきちんと確認しておくこと。人気の業者さんはそういった料金は基本的に無料と言うところが多いです。

また、ちょっとした御用聞きというか、追加料金というよりも、後からやっぱりこの小さなゴミもお願いできないかしら。。。というわがままは、「おまけしておきますよ」くらいの余裕はある業者さんが結構いますよ。むこうも商売ですから、ある程度の駆け引きはしてくるのは当然ですが、不用品回収業者はここ数年で業者数がかなりの数になってきています。きちんとした業者はそういった競合を研究し他社に負けない料金体系を用意しているのは事実としてあると思います。ただ、相場より明らかに安かったりするのは逆に先ほどいったとおり違法性がある可能性はありますけどね。

粗大ごみを解体する時などに注意してほしいのは他の家具への傷が付いてしまったなどの保障についてです。しっかりした大手の不用品回収業者であれば、そういったケースも起きてしまう可能性があるという事を想定してサービス提供しています。ですから、保証料金3,000万円迄という保証をしています。実際3,000万円というのは大袈裟な数字な気もしますが。。。この保証を利用と言うか証拠を抑えておくためには気になる個所を先に写真に残しておくと良いかもしれません。傷が付いたところとの比較をするためです。ちょっと面倒ですけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加